FC2ブログ
日ごろ感じたことや思い出など、マイペースで綴る
ノーモア・・・
2006年08月08日 (火) | 編集 |

ヒロシマ・ナガサキ・敗戦。
日本の夏の“もうひとつの顔”です。


被爆国としての日本。
いまだに世界では戦禍が絶えない。
国家のメンツ、思想の対立。
そういったものを超えて克服すべきは
人の英知とこころの問題だなと思う。


戦争はみんなを不幸にする。
国の名のもとに尊い命を落とされた方々は勿論、残された家族の苦しみ悲しみ。
そして何十年経ったいまでもわだかまりを残したり、新たな不幸を起こす。
思いついただけでも、
南北問題、靖国問題、領土問題、慰安婦問題等々、未だ解決できていない。


「いかなる理由があろうとも、戦争を起こすものは悪魔の手先である」
とある先人は言った。
悪魔のこころと対決するには善の勢力を拡大するしかないなと思う。


被爆国としての日本。たとえ時が過ぎても、
そのことを日本人の私たちは忘れてはいけないし、
平和について考えたりすることをやめちゃいけないと思う。


二度とおろかな戦争をくりかえさない為に。


スポンサーサイト